ヤマトヤブライダル

ヤマトヤブライダル

Euro Wedding Band
~ユーロウエディングバンド EWB~

ドイツ・フォルツハイムにある工房で、
熟練のマイスターの手により作られる指輪。
丈夫で真円でつなぎめのない鍛造製法によるリングは、
人生の長い時間を共にするのにふさわしい究極の結婚指輪です。

OFFICIAL WEB:https://www.euro-wb.com

ヤマトヤからのおすすめポイント

「鍛造製法」は、延べ板状の素材(地金)を何百トンという力で圧延し、リングを打ち抜き、サイズに合わせてリングに成形する製造方法です。
その一番のメリットは、高密度で強度の高いリングができること。
そのリングを、ドイツの熟練マイスターが隅々まで気を配りながら作り上げています。
美しさと機能性を兼ね備えた、生涯を共にするにふさわしいブライダルリングです。
Euro Wedding Band(EWB)取扱店:富士店御殿場本店

マイスターの職人技と、先端技術の融合

指輪の製造方法は、地金を溶かして型に流し込んで成型する「鋳造」が一般的ですが、EWBは「鍛造」を採用しています。鍛造製法は、板状の地金素材を何百トンという力で圧延し、リングを打ち抜いて原型を作り出す方法で、古くから刃物や武具などの製造技法として知られ、現在でも自動車の部品など、精密さと強度を必要とするものの製法として用いられています。打ち抜かれたリングの原型は、さらにコンピュータで制御されたダイヤモンドカッターや超硬鋼の刃を用いてデザインが削り出され、熟練の職人(マイスター)の手に渡ります。

ドイツには有名な職人を育成するマイスター制度があるなど、職人技術のレベルが高いことでも知られています。デザインのバランス、指に着けた時の感覚、ダイヤのセッティングや磨きなど、専門教育を受けた熟練のマイスターが隅々まで気を配りながら作り上げています。先端加工機械と最高レベルの職人技の融合がEWBのリングを生み出しています。

指なじみの良さを生みだす、独自の内甲丸仕上げ

日常的に使用する結婚指輪は、デザインや造形美以外に、耐久性や着け心地といった機能性も重視されます。EWBは、鍛造製法により耐久性の高さを実現し、独自の内甲丸、「Bongenbrucke(ボーゲンブリュッケ)」によって着け心地の良さを追求しています。

内甲丸とは、リングの内側に指馴染みよく付けられたカーブを指します。EWB独自の内甲丸「Bongenbrucke(ボーゲンブリュッケ)」は、高密度な地金の滑らかさとコンピュータ制御による曲線の削り出し、そして熟練した職人による仕上げにより、他では真似できない程の指馴染みの良さで、最良の着け心地を実現しています。

歴史と伝統に裏付けられた技術力

リングとしての機能・性能を十分に備え、長い時を過ごすにふさわしい形を具現化する上で、EWBはドイツ・フォルツハイムの歴史と伝統に裏付けられた技術力を持つ「GERSTNER(ゲスナー)」・「EGF (イージーエフ)」の2つの工房にて指輪の製作を行っています。

GERSTNER(ゲスナー)は、1862年の創業以来百数十年、六世代という長い歴史と合理的な製造ラインを持つ老舗の工房。万一の修理の際に元通りの形に修復するお手本とするため、ゲスナー社の保管庫には、古い時代のマリッジリングの型が数多く眠っています。

EGF (イージーエフ)は、近代的な設備を備え、リングの硬度に関する研究開発や、変形しにくい地金を作り出す為にフォルツハイム工科大学や金属工学者との共同開発も行っています。また、理想のデザインを形にするための加工工具を社内製作したりと、先進的な取り組みでウェディングバンドの理想を追求しています。