ヤマトヤブライダル

ヤマトヤブライダル

【 ヤマトヤ浜松店 】プラチナは傷つかない???

こんにちは。ヤマトヤ浜松店のWです。

最近実家に仔猫がやって来ました。

今年初めに先住猫の1匹が旅立ち、その5日後に生まれた仔猫が縁あってやってきました。先住猫に似た感じの猫を探したわけでもないのに、見間違うほどに似た毛色、柄、体つき。。。背中に♡柄をしょってるとこまで同じです。

あの子が生まれ変わってまた我が家に来てくれた!と両親は大喜びしてますが。。たった5日で転生って(笑)

でも本当にそうなのかな。と、いろんな理由からそう思わずにはいられなかったり。不思議なご縁を感じています。

 

 

さて、本日は『 プラチナは傷つかない? 』についてお伝えさせて頂きます。

まず、結論は『 100%傷つきます 』です。

お客様から、『 プラチナって高価なものだから、、傷ってほとんどつかないですよね!? 』『 工場勤務なんで鉄とかにぶつけちゃう事あると思うんですけど、プラチナって硬いから(傷とか変形とか)大丈夫ですよね? 』。。という質問をまぁまぁな頻度で受けます。

プラチナは硬いというセールストークに、高額という事実も加わると確かに【 硬い・傷つかない=高価 】みたいな方程式ができるのが分かるような気もしますが、違います。

残念ながらプラチナには傷がつきますし、使用方法によっては曲がります。

 

 

純度100%のプラチナでは柔らか過ぎて強度がないので、ジュエリーに加工する際には ロジウムやルテニウム、パラジウム、イリジウムなど硬度を上げるための素材を加えます。

Pt950やPt900という表記は、硬度を上げるための割り金以外を占める純プラチナのパーセンテージを表しているもので、もしPt950なら純プラチナが95%配合Pt900なら純プラチナが90%配合されているということになります。

そして、幅や厚みやサイズなどが全く同じリングの場合では、希少金属であるプラチナの純度が高い商品のほうが一般的には高額になるので、Pt950とPt900のリングではPt950製の方が高額です。

 

 

プラチナが高価なのは傷つかないという耐久面からではなく【 希少金属=高価 】ということなんですね。

生活に支障なく使えるように加工してあるのである程度の強度や傷つきにくさはありますが、鉄やステンレス製品、またコンクリートなどの硬いものにぶつけたらその力加減や当たり方によってはキズが入ります。

『 金属なので傷つくのは当たり前 』と思って、大切にお取り扱いいただければと思います☆

 

★ヤマトヤ浜松店★

TEL: 053-457-8585

Email:hamamatsu@yamatoya-co.com

住所:静岡県浜松市中区鍛冶町105

営業時間:10:30~18:30

定休日:水曜日 

※新型コロナ感染症拡大防止対策を実施しております※

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets