ヤマトヤブライダル

ヤマトヤブライダル

【 ヤマトヤ浜松店 】婚約指輪のダイヤのカラット数の選び方💍✨

こんにちは。ヤマトヤ浜松店のWです。

9月になりましたね。

9月にお月見だんごを食べるイメージがあったんで、中秋の名月は必ず9月中だと思ってお団子を楽しみにしていたら。。今年の中秋の名月は10月2日なんだそうです。月は29日周期でまた満月を迎えるので、来月は1ヶ月の間に満月を2回見られますね!

西暦2000年に入ってからやっと10回目のブルームーン。今回を逃すと次回は2023年8月です。 ※1ヶ月に満月の夜が2回ある場合は、2回目の満月のことをブルームーンといいます。

『 見たら幸せが訪れる 』といわれているブルームーン、今年はなんとハロウィンとかぶってます!

そして、大安もかぶってます! ご入籍日にいかがでしょうか?笑

 

 

さて、ご婚約指輪をご検討中の皆様、婚約指輪のセンターにセットするダイヤモンドは『 大きめ 』がいいですか? それとも『 小さめ 』がいいですか?

お客様がダイヤモンドのサイズを選択される時に必ず仰る『 大きめがいい 』、または『 小さめがいい 』というフレーズ。

サイズを決めるだけなので簡単そうなんですが。。これがけっこう時間のかかるハードな審議になったりします(笑)

 

同じカラット数のダイヤモンドでも個人個人のリングサイズによって見え方に差が出るので、一般的に『 小さめ 』とか、『 大きめ 』と言われているct(カラット数)だけを参考にダイヤ選びをしてしまうと。。頭の中で思ってた見た目の印象と、実際にお指にそれを装着した印象に違和感を覚えることがあるんですね。

例えば婚約指輪。リングサイズ8号の指に0.3ctのダイヤモンドがセットされたリング、そして10号の指に0.4ctのリング、12号の指に0.5ctのリング ・・・リングデザインが同一ならこれらの、0.3ct、0.4ct、0.5ctのダイヤモンドのサイズはほとんど同じに見えるんです!

 

 

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドの直径は、0.3ct=4.3mm、0.4ct=4.8mm、0.5ct=5.2mm。※直径に関しては多少の個体差があります。

リングサイズが小さければ小さいほど、真上から指を見下ろした時の指の幅は狭いですし、サイズが大きければ大きいほどに指の幅は広いです。同じ0.3ctのダイヤをリングサイズ6号の方と、リングサイズ11号の方が着けていたとしても、全く違うサイズのダイヤモンドを着けているように見えるのはこのためです。

周囲の状況によって、人間の目って簡単に錯覚を起こすんですね!

例えるなら、

ご友人A様の0.25ctのダイヤモンドが大きく見えたとしても。。A様のリングサイズは5号なのかもしれません。ご友人B様のダイヤモンドが小さく見えたとしても。。B様のダイヤも同じく0.25ctでリングサイズは12号なのかもしれません。。。

ということです。

 

 

『 自分にとっての大きめが何カラットで、小さめが何カラットかを知る。』ということは、婚約指輪選びには外せないテーマです。

ご婚約指輪をご購入の際には『 カラット × リングサイズ 』を考慮して、そしてもちろんご試着もされた上で、ご自身にぴったりなダイヤモンドを見つけて下さいね♡

 

★ヤマトヤ浜松店★

TEL: 053-457-8585

Email:hamamatsu@yamatoya-co.com

住所:静岡県浜松市中区鍛冶町105

営業時間:10:30~18:30(※今月は営業時間を短縮しております。通常 10:30~19:30

定休日:水曜日

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets